day's photo.

タグ:Still life ( 77 ) タグの人気記事

二人の匠

北新宿の細い路地の奥…この赤い門扉をくぐった先の工房で、一人の匠とお会いして来ました。
二人の匠_e0117517_1592987.jpg
穏やかな晴天の今日、ボクはローライフレックスのレンズ研磨をお願いするために北新宿の「山崎光学写真レンズ研究所」さんにお邪魔して来ました。

二人の匠_e0117517_1595674.jpg
「失礼しま〜す。」と足を踏み入れた工房の中は、それぞれにレンズの名前が記された鉄製(?)のお椀のようなものに溢れていました。このレンズ形状に合わせたお椀を研磨機に装着してレンズを研磨するようです! お邪魔する前にこちらで研磨していただいた方々の体験談をネットで何件か拝見したのですが、レンズに合ったお椀が無い場合は、そのお椀の型から作製して研磨してくれるとか…。(@@)

二人の匠_e0117517_15102629.jpg


溢れるお椀型に圧倒されていると…


二人の匠_e0117517_15105810.jpg

工房の奥から「お待ちしてました。」と、穏やかなお声とともに…



「山崎光学写真レンズ研究所」の所長であり、レンズ研磨の匠・山崎さんが出て来てくださいました。
二人の匠_e0117517_15113426.jpg

一通りの挨拶を済ませたところで、ボクが事前に症状をお伝えしていたローライを取り出すやいなや、山崎さんは

「私もこのローライを持っていますが、クセノタールは良いレンズで私も大好きです」と仰りながらボクの差し出したローライを手にし、一瞥で

「あ〜ゴシゴシ拭いちゃったんですね〜古いレンズは柔らかいですからね〜」
「でも大丈夫!これは直せます。キレイに新品になりますよ!」と…

え?え?え〜っ!? 拭きキズだったの〜!じゃなくて…もうビックリ!!(@@) どんな魔法をかけるんだろ…新品ですよ!新品っ!! 山崎さんはさらに「もうちょっとよく見てみますね〜」とローライを手に奥のデスクへ…動揺を隠せないボクは「あ、工房を撮らせてもらってもイイですか?」くらいしか言えませんでした。(^^;) 背中越しに「どうぞ撮ってくださ〜い。」と言われるままに何枚か撮らせていただいたが、ボクの頭の中は「新品」という言葉の残響が鳴り渡り、心臓は驚きと喜びでドキドキしっ放し…。そうこうしているうちに山崎さんは戻って来られ、再び魔法の言葉!

「はい。大丈夫です。拭きキズ以外にも問題はあるけど、ピッカピカの新品に直せます!」と…。

ピッカピカて…。(@@;) この瞬間、ボクのボキャブラリーは完全に崩壊。「ありがとうございます!」を繰り返すばかり…。(ToT)

その後…
納期や修理費用等のお話をしていただいた後、お忙しいところ少しだけ談笑のお時間をいただき、ボクがローライを手にした所以を聞いていただいたが…

「じゃあ直ったら、お師匠さんを撮ってあげてください!」
「あ、でも…直ったレンズを見たら、返してくれって言われるかもね!」と柔和なお顔と穏やかな声で…

ク〜!!!!!なんて素敵な方なんでしょう!!O(≧∇≦)O

あるネットの書き込みでは「レンズ研磨では世界で三本の指に入る」と紹介されるなど、その名声の高さは国内に留まらない程の「名工」であるにも関わらずプロアマ隔て無く相談に乗ってくれ、優しく接してくれる山崎さんの人間力にボクはやられっ放しでした。

「では、期待してお待ちくださいね。」
山崎さんの穏やかでありながら確信に満ちたお言葉を背に、ボクは嬉しさで小躍りしてしまいそうな気分で「山崎光学写真レンズ研究所」を後にしました。




今回、山崎さんの手に委ねた「Schneider Xenotar 80mm/f2.8」の現状は…ちょっと見えにくいですが↓こんな感じです。
二人の匠_e0117517_234894.jpg
コレが新品になるなんて…。(T^T)




ちなみに山崎さんはレンズ研磨・コーティングの専門です。組み込みやピント出しはしていただけますがメカ的な修理やオーバーホール等は請け負っておりません。出来ない事は出来ない…とキッチリ言ってくださる山崎さんに真の職人魂を見た思いがします。

今回のボクのローライの修理内容…
テイクレンズの研磨・単層コーティング処理のみ
ビューレンズに関しては、一応お願いしたところ「十分に見えるから必要なし」と仰っていただきました。(^^;)
研磨・コーティング費用は「2万5千円を超える事はありません」と、これまたきっぱり。\(^o^)/
納期は、今はお忙しい時期のようで「三〜四週間」との事。


それにしても…
師匠というボクにとって偉大な匠と、山崎さんという名工の「二人の匠」の手を経たボクの『ROLLEIFLEX』は、なんとも贅沢なカメラだな…と思います。言うまでもなく一生のタカラです。山崎さんが仰ってくれたように、蘇ったローライを手に「ぜひ!撮らせてくださいっ!<(__)>」と、一度我が師匠にお願いしてみるつもりでいますが、引き取りの際、まずは…山崎さんを撮らせていただきたいっ!と、密かに企んでいるボクであります。(^^)v


もし、レンズに問題を抱えている方がいらっしゃいましたら…是非一度!山崎さんに相談してみてください!
■山崎光学写真レンズ研究所 (HPはありません)
〒169-0074東京都新宿区北新宿4-4-9
☎03-3362-1809
お忙しい方なので、事前に一度アポを取ってからお邪魔する事をおススメします。


RICOH Caplio GX 200
Nikon D3 + SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.2.6 64bit
and...【 works photo. 】Last Update : Sat, 16 Jan 2010・・・ it's new !
by asdpc | 2010-03-13 19:30 | portrait

悩ましき、JUNK CAMERA...

実は…
密かにローライフレックスを持っています。(^^;) 師匠の元から独立する際に頂いたものです。しかし…一度も写真を撮った事が「今日まで」ありませんでした。(^^;) と言うのも、頂いた時からボクが見てもレンズの状況があまりイイとは言えない状態だったからです。大きなキズやカビなどは無いようですが、全体に曇っている…ルーペでレンズ表面をみると細かいヒビ(コーティングの劣化?)のようなモノが全体に渡って無数に入っているような…そんな状態だったのです。しかし…師匠から頂いた大事なボクの宝物ですし、最近またRICOHFLEXで撮り始めた事から、欲が出て来たようで(^m^)、先日「関東カメラサービスさん」にオーバーホールとレンズ研磨の相談に行ってきました!
あ、言い忘れましたがボクのローライのレンズは「シャープ感」で定評のあるシュナイダー社の『クセノタール』が着いています。
悩ましき、JUNK CAMERA..._e0117517_1272273.jpg


15分程度で診断の結果がでました。

結論から言うと…レンズの状態は『風化』による劣化と診断され「レンズ研磨しても、クセノタール本来の機能を回復させる事は不可能」と言う事でした。レンズ性能を維持しつつギリギリまで研磨・コーティングを施しても、現状から「ほんの少し改善する程度」との事でした。相談の結果、とりあえず試写して、その写真が「満足できるものか」「できないものか」で判断するのが一番と言う事に。つまり、クセノタールの持ち味は回復できないが、現状で撮った写真がある程度満足できるものだとしたら、レンズ研磨により『それよりは、ほんの少しは良くなるかも…』と言う事。正直、ボクはクセノタールと言うか、ローライ自体撮った経験が無いので「…という事は世界で唯一の描写になるかも!」…なんて楽観的な考えで、早々にフィルムを詰め込んでみました!で、撮る前に驚き!かな〜り古いカメラで、頂いてからおよそ11年間フィルムを詰めた事が無いにもかかわらず、クランクの動作、シャッターチャージ等、そのメカニカルな動きに全く不安がありませんでした!12カット、自宅周辺で絞りを変えながら無理矢理に撮影し、その足で現像所に持ち込みました!現像は30分で上がり、早々スキャン!




さて、どんな絵が出て来たかと言うと…




悩ましき、JUNK CAMERA..._e0117517_128345.jpg


悩ましき、JUNK CAMERA..._e0117517_128154.jpg


悩ましき、JUNK CAMERA..._e0117517_128262.jpg


悩ましき、JUNK CAMERA..._e0117517_1283682.jpg

う〜ん、悩ましい!!

風景が得意と言われる「クセノタール」の性格から考えると、今回出て来た絵はやはり『別モノ』としか言いようがない…というのが正直なところです。ここでは縮小していますし、多少スキャナードライバーでいじっているのであまり分からないかと思いますが、全体にコントラストが弱く(今日の天気のせいもあると思いますが…^^;)、特に『遠景』の描写がゆるゆると言うか、あまり良くありません。しかしながら「近接」では、個人的には許せる範囲の絵が出て来ました。

ああ…悩ましい。

オーバーホールとなると、それなりに金額が掛かってしまいますし、その結果もこの絵より「ほんの少しは良くなるかも…」という程度…。
かと言って処分することなど到底出来ないし、飾っておくだけというのも口惜しい…。

く〜ホントに悩ましい。


■ Nikon D3 + SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO
 developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.2.6 64bit
■ ROLLEIFLEX 2.8C Xenotar - almost...JUNK -
 film scan : EPSON Colorio GT-X820
by asdpc | 2010-03-09 23:59 | 雑記

Still Life

Still Life_e0117517_20522231.jpg



More・・・

by asdpc | 2010-01-22 20:42 | photo

「隠れ家」的、男の書斎…

棚に広がる、ミニチュア・ワールド!
「隠れ家」的、男の書斎…_e0117517_4582237.jpg



More・・・

by asdpc | 2009-09-11 19:25 | work

M・S・Q

M・S・Q_e0117517_517263.jpg
先日の8/30(Sun)…目黒の「BLUES ALLEY JAPAN」で行われた、著名なピアニストである佐山雅弘さんが率いる「佐山雅弘クインテット」のライブを撮影させていただきました!ものスゴイJAZZセッションで、鳥肌立ちまくりでした!



More・・・

by asdpc | 2009-09-02 21:22 | MUSIC・LIVE

strap

つい、ポチッと…
strap_e0117517_118111.jpg
ストラップ…買っちゃいました…。(^^;)



More・・・

by asdpc | 2009-08-11 19:00 | 雑記

break time

先週は自宅でのPC作業がメインだったので比較的余裕がありましたが、明日からまた慌ただしい日々がはじまります。

break time_e0117517_3241667.jpg

今、ボクの楽しみのひとつは…自宅で「エスプレッソ」&「カプチーノ」を楽しむコト!(^m^) 先日…な、なんと!嬉しいことに、知人より「デロンギ社製」のエスプレッソ・マシーンを頂いたのです!!O(≧∇≦)O ボクは基本的にコーヒーに砂糖は入れませんが、ミルクを入れないと飲めない…という珈琲通の方からみれば「なんじゃそれ!」ってヤツなのですが「エスプレッソ」だけは「そのまま」飲めるんです!!なんでだろ…んん…。でも一番スキなのは「カフェオレ」か「カプチーノ」です!!

つーことで、只今自宅で「ラテアート」特訓中です!(^^;)

明日はスタジオ撮影なのですが…このエスプレッソ・マシーンを持って行きまつ!!(^m^)v



*↓の「あ じ さ い」にコメントをいただいたのに、まだご訪問とコメレスができてない皆様…ごめんなさい!
今日帰宅し次第、ご訪問とご返事をさせていただきます!<(_ _)>


Nikon D3 + SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.2.3 64bit
and...【 works photo. 】Last Update : Sun, 10 May 2009・・・ it's new !
by asdpc | 2009-06-02 02:10 | photo

SELF

皆様。ボクはいたって元気にしております。
多くの方からお気遣いのメールをいただき、本当に感謝しておりますっ!(T^T) 忙しさにかまけて ↓(かなり下…汗)の「いつもの道を…」にいただいたコメントへのご返事がまだ一部滞ってしまっております。本当に申し訳ありません!現状、左肩はボクが「つい、うっかり…」をしない限り(^^;)、日常生活にはほぼ支障のない所まで回復しております!皆様にいただいたコメント、そしてメールがとても励みになっています!本当にありがとうございます!
SELF_e0117517_19362798.jpg



話は変わって、仕事ネタですが…
以前撮影させていただいた、高級ジュエリーショップ『ARSNOVA』様のWEBサイトが、お店の銀座への移転とともにリニユーアルオープンいたしました!ボクなんかの写真でどこまで高級感が伝わるかちょっと心配ではありましたが、サイト制作の「Design works ぽち2」さんが、とってもかっこいいサイトに仕上げてくれましたので、まずは一安心しております。とっても素敵なジュエリーばかりなので、是非!一度ご覧いただければ幸いです!
SELF_e0117517_19363848.jpg

オリジナルジュエリー - Bijou de ARSNOVA ヴィジュー・デ・アルスノヴァ -
Site Design by - Design works ぽち2 -


関連記事は…コチラ

関連ページは…コチラ



 よろしければ…ポチッとしていただけるとウレシイです!


▲RICOH Caplio GX 100 - 3 : 4 -〈 RAW 〉
▼Caputure Shot by Apple Softwear〈Grab〉
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.2.3 64bit
and...【 works photo. 】Last Update : Sun, 10 May 2009・・・ it's new !
by asdpc | 2009-05-16 00:00 | work

イタリアン・レッドの夜 - scene #01 -

イタリアン・レッドの夜 - scene #01 -_e0117517_1914244.jpg

閉店間際のカフェ

イタリアン・レッドの夜 - scene #01 -_e0117517_19143763.jpg


イタリアン・レッドの夜 - scene #01 -_e0117517_19144749.jpg

イタリアン・レッドの夜が更ける…。

to be continued…



 よろしければ…ポチッとしていただけるとウレシイです!


RICOH Caplio GX 100 - 3 : 4 -〈 RAW 〉
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.2.3 64bit
and...【 works photo. 】Last Update : Sun, 10 May 2009・・・ it's new !
by asdpc | 2009-05-14 00:39 | photo

2009.5.8(Fri)

東京では新聞の一面を飾るくらい美しい「虹」が出た昨日…
「国吉亜耶子and西川真吾Duo」のお二人の待望の音源第一弾!アルバム『 a n t e n n a - アンテナ - 』がリリースされました。
嬉しい事にリリース当日に出来たてのアルバムを送って来てくれましたっ!ありがとう〜!!\(^o^)/ 
2009.5.8(Fri)_e0117517_163420100.jpg

なんか、イイ感じです!(^m^) あ、もちろん!楽曲が!です。と言うコトで…

2009.5.8(Fri)_e0117517_16342991.jpg

宣伝ですっ!(^^)

お二人のアルバム『 a n t e n n a - アンテナ - 』は、全国のCDショップでお取り寄せが出来る他、TOWER RECORDS、HMV、amazonなどのネットショップでも購入できます!本当に沁みる楽曲なので、ぜひ!ぜひ!一度聴いてみてくださいっ!<(_ _)>

*TOWER RECORDS → 取り扱いページへ

*HMV → 取り扱いページへ

*amazon → 取り扱いページへ



*国吉亜耶子さんのHP…AYAKO WORLD
*西川真吾さんのHP…SHINGO WORLD



*関連ページ…#01#02




 よろしければ…ポチッとしていただけるとウレシイです!
RICOH Caplio GX 100 - 4 : 3 -〈 RAW 〉
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.2.3 64bit
and...【 works photo. 】Last Update : Mon, 1 Dec 2008
by asdpc | 2009-05-09 17:07 | MUSIC・LIVE