day's photo.

noise -ノイズ-  その2

昨日に引き続き、ちょっと「ノイズ」のハナシ…
昨日いただいたコメントの返信にも書かせていただきましたが

ボクはほとんどの写真の仕上げに
「Photoshop」で「グレースケールノイズ」を乗せています。
カラー写真でもB&W写真でも「グレースケールノイズ」です。

それはプライベートフォトに限らず仕事の写真でも。

別にフィルムに拘っているワケではないのだが
デジタル画像の「ヌメっ」とした質感がちょっと物足りないだけ。
だからフィルムの粒状感を演出するために

ほんの『少し』だけ「ノイズ」を乗せる。

「写真をノスタルジックに仕上げる」とか変化を持たせるためではなく
ほんの少し粒状感を演出したいだけなので
ほんの『少し』だけ…乗せるのです。

仕上げた写真を「web」用(ブログ用)にサイズを縮小すると
その効果はほとんど判別がつかなくなりますが
自家プリントや印刷・出版と、「紙」に出力された場合は
「画質的」と言うよりも「雰囲気的」に、その効果を確認することができます。

でも、この意図的に乗せる「ノイズ」と違って電気信号的(?)に乗ってしまう
「高感度ノイズ」は…とほほ。です。




「ノイズ」適用例---------------------

この写真は先日アップした「soulife」のCDジャケット用に入稿した実際のサイズのデーターを
ピクセル等倍(100%)表示したものから切り出しました。
この大きさの写真が印刷では実際のCDジャケットのサイズになります。
印刷用データはWEB用(72dpi)と違い高解像度(300〜350dpi)の為、そのままwebにアップすると
こんな巨大な写真になってしまいます。
3パターンの違いを確認してください。
カラーノイズでは「ほっぺ」のあたりに色が乗っているのが確認できると思いますが
この色乗りがキライなため「グレースケールノイズ」を使用しています。
e0117517_13504657.jpg


そしてこちらが、昨日アップした高感度ノイズだらけの「ギター」の写真のピクセル等倍(100%)表示したもの…。
e0117517_13511762.jpg

by asdpc | 2007-09-05 13:52 | CREATIVE