day's photo.

タグ:analog & ... ( 112 ) タグの人気記事

回想録 〜「滝」編 〜

その1. 秘境・板敷渓谷〈 板敷大滝 〉

そのポイントに立ち、GITZOに乗せたマスターテヒニカで構図を創り始めた時
もう〈踝〉あたりまで浸かっている水の冷たさは感じていなかった。

上下左右が逆さまのピントグラスにルーペを当て、ピントを探る。
…暗い。厚い雲と生い茂った木々により、欲しかった〈その陽光〉は完全に閉ざされていた。

滝を撮る時、ボクは大抵シャッター速度を1〜3秒あたりに設定する。
それくらいの水の流れが一番好きだから…

『今日は暗いから、絞りを開け気味にして露出を稼ぐしかないか…。』
『足りないピントはアオリで…。』

あれこれ考えながら
受光角1°のスポット露出計で丹念に露出を計り、フィルムホルダーをセット。
ローデンシュトックのレンズシャッターを繊細かつ素早くチャージし
フィルムホルダーの引き蓋に手をかけた瞬間、その〈時〉は突然に訪れた…

鬱蒼とした木々の隙間から滝のほんの一部分だけに
まるでスポットライトのように差し込むまぶしいほどの〈陽光〉

上空を見上げると雲がすごい速さで流れていた。
露出を計り直している猶予はないと直感し、チャージしたシャッターを空シャッターで解放!
レンズの絞りを2段絞り、先程よりも更に素早くシャッターをチャージ!
引き蓋を引き、レリーズ!

…それは、ストップウォッチの秒針が止まっているかのように感じる程
長い長い3秒だった…

そして、滝を照らしていた魅力的な〈その陽光〉は
ローデンシュトックの乾いたレンズシャッターの音とともに
鬱蒼とした木々の陰にその姿を消し、二度と現れることは無かった。

1枚しか、たった1枚しか切れなかった…なんというラッキー。

1998年 5月(だったと…)
e0117517_154296.jpg
※正確には〈板敷大滝〉とは写真の二段滝の上段のほうです。
写真では一部しか写っていませんが、実際には30m近い高さの滝です。

Linhof MASTER TECHNIKA + RodenStock 150mm + FUJICHROME RDPII

--------------------------------------------------------------------------------------------

その2.
この滝、何処だったかな…?
思い出せない。
e0117517_11593333.jpg


実は…コレです。




PENTAX 645 + SMCP A 35mm F3.5 + RDPII
by asdpc | 2007-06-27 10:50 | photo | Comments(10)

回想録 〜「空」編〜

今日は朝から恵比寿でイベント会場の撮影。
恵比寿でスナップ撮影でも!と思ったが
機材をカートで引きながらというのも…

ということで今日はフィルム時代に「PENTAX 645」で撮った
「空」の写真をアップします。

2枚とも、ビューアー上でデジカメ複写(まぁ〜簡易スキャンかな)したものです。
e0117517_16131047.jpg
確か西沢渓谷にトレッキングに行った帰りに、ちょっと足を伸ばして精進湖あたりで撮った
…と記憶しています。(汗)
e0117517_16152117.jpg
…で、これは千葉の養老渓谷に「粟又の滝」を撮りに行った帰りのどっか…です。
ちなみに「色修正」はしてません…ていうか原版ポジではもっと「どギツイ赤」です。

PENTAX 645 RDPII
by asdpc | 2007-06-19 16:22 | photo | Comments(6)