day's photo.

coming soon !

本日は「仕事ネタ」です…ポリポリ。
7/25…8月に「ソロ」リリースする男性ミュージシャンの撮影をしました。関係者の皆様!お疲れ様でしたっ!!そして、ありがとうっ!(T^T)
「彼」は既に「デュオ」として活動しているシンガー兼ダンサーで、他のアーティストにも楽曲提供をしている実力派です。
e0117517_011363.jpg
今日の写真は、当日のスタジオ風景ですが、この写真…「Mr.Goiちゃん」が撮ってくれました。(ボクは色イジリだけ…笑)
この日の撮影は6時間という限られた時間内で、スタジオ撮りは「白バック」と「黒バック」の2パターン、それにスタジオ敷地内の屋外でロケ3パターン、スタジオ内の機材等を背景に1パターンと「6パターン」の撮影というスケジュール!実際はそれぞれのパターンで「ポーズ変え」して撮っているので、かなりハードな状況でした。(汗)
この写真は一番最後の「黒バック」撮影時のものです。日頃スタジオ風景をライティングの記録用に撮っているのですが「白バック」の記録撮影を忙しさのあまり、うっかり忘れてしまい、最後のこの時も「あ〜スタジオ風景撮らなきゃ〜」と漏らしていたのですが、「Mr.Goiちゃん」が、「S3Pro」でこっそり撮っていてくれました。
帰宅してデータをコピー、プレビューしている時に気が付き、とってもうれしくなっちゃいましたっ!どうですか!カッコイイでしょ!!(@@)
し、しかも!!「ポーズ指示出し中」のボクがしっかり写っちゃってますよ〜っ!!(^^) 残念なコトに…写真はカッコイイのですがモデルがボクなので、先日の「Mr.J」の人間力溢れる背中には遠く及びませんが…。(しかも写真では分かりませんが、若干「内股」だったりします…)(ToT)

ここでちょっとこの日のライティングに関して…。(そんなんいらな〜いっ!という方は『 More 』をどうぞ…^^)

この黒バックでの撮影は「ストロボ4台4灯」で行いました。
トップの傘バンを、さらにアートレとトレペで二重にディフューズした「メインライト」と、「アクセントライト」として左右の奥の黒パネルの裏から、向かって左は「ソフトボックス」に入れたストロボ、右は「グリッド付き」ストロボ…そして一緒に写し込む「小物」用のストロボの、計4灯です。

天井の「5つ」の光源の内、ウェイト袋がぶら下がっている「傘バン」意外の4灯は、いわゆるサービスライトです。

最近ボクは、被写体の正面(つまりカメラ側)から光を「当てない」ライティングにハマっていまして、トップのディフューザー越しの「傘バン」(しかも極々僅かに逆光気味です)と、左右奥の黒パネルで光の向きをぎりぎりに削ったストロボのモデリングライトのみでは、暗すぎて「ピント合わせ」が非常に困難なのです。そこでこの「サービスライト」を点けてもらっています。(本来なら一灯で十分なのですが…)
このサービスライトは「タングステン」なのですが、ストロボ光より光量が小さいので、このまま点けっぱなしでも、「ISO200・f11・1/200」の本番シャッターでは写真に影響はありません。
「Mr.Goi」ちゃんが撮ってくれたこの写真は「ISO400・f4・1/7」とかなりの低速シャッターです。しかもかなりレタッチで明るくしてます。
本番撮影時と比べて「約10段分近く」露出が違うことからも、このサービスライトが影響しない事が分かっていただけると思います。要するにサービスライトは、暗いと「ピント合わせ」や、スタッフ(ボクも含め)がお菓子や飲み物を飲み食いするのに不便だから点けているライトなのです…(。_°☆\(- - ) バシっ!

で、かな〜り引っ張りましたが(笑)、このライティングで撮ったのが『 More 』です。


photo by Mr.GOI
FUJIFILM FinePix S3Pro + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL/HSM (focal Length 14mm)
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.1.4.1
Fine tuning : Adobe Photoshop CS3 Ver.10.0.1







e0117517_19281389.jpg


その他のカットと「彼」に関する情報は、後日「ど〜ん」とアップさせていただきますっ!(^o^)/~~~



それにしても前日(24日)の「モデルルーム撮影」とあまりにも違う「シチュエーション」に、かなり慌てふためいていたボクでした。(大汗)
Goiちゃ〜ん!!いろいろありがと〜ございましたっ!<(_ _)>




Nikon D3 + SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.1.4.1
Fine tuning : Adobe Photoshop CS3 Ver.10.0.1

and...〈works photo.〉Last Update : Thu, 22 May 2008


 よろしければ…ポチッとしていただけるとウレシイです。


by asdpc | 2008-07-30 00:07 | work | Comments(38)
Commented by Con-Nature at 2008-07-30 00:25
勉強になります<(_ _)>
オペラのライティングみたいですね(^^♪
『MORE』がブルーだから一生懸命押しちゃいました(^^)
AKIさん、お尻が可愛い・・・って言われますよ\(◎o◎)/!
Commented by tatsuya_kitao at 2008-07-30 00:31
AKIさん、こんばんは!(お疲れさまでした)

体の正面から光を「当てない」ライティング、カッコイイですね!
逆光気味なのに、必要なところにはキチンと(ただしひかえめに)光が回っているライティングということでしょうか?

丁寧な解説ありがとうございます。
レベルが違いすぎるので、参考になりませんが、興味深く拝見させて頂きました。
Commented by pentallica at 2008-07-30 02:06
う~ん・・・ライティングって基本をしらないのでよくわかりませんけど、
AKIさんが慌てるほどシチュエーションによって色々変わるものなんですね。
ちょっと前から物撮りに少し興味が出てきて、ライティングの勉強しようかなと思ってます。
まずは、テーブルフォトなんかで・・・日の目を見るかはわかりませんが・・・^_^;
Commented by casta6c at 2008-07-30 02:07
こんばんは。
やっぱり違うなあ。ライティングって大事なんですねえ。
わたしも青いMOREカチカチっとしてしまいました。(笑
Commented by sam at 2008-07-30 07:56 x
お早うございます。
きゃー、かっこいいーー!服のしわにほれます!!何度もブログ読みなおします。興味津々です。
こんなド☆素人の私も実は今月頭に野外人物撮影試みました。。(苦笑
上がりは、、、汗  ですが撮影って楽しくてはまりましたよ!
Commented by at 2008-07-30 08:06 x
おはよ〜AKIさん。

ライティングのことは…わからないのですが…
わかったことは、モノスゴク大切なんだゾ!ということ。
私も、この世からなくなったら困るものは ひかり です!

初めまして〜♪AKIさんの後ろ姿(^^)v
AKIさ〜ん、青いMore押しちゃいますよ〜

Commented by ichi-some at 2008-07-30 08:08
プロの仕事場ですね~
かっこいいです!

私も先日のアレの時に白い傘を買いましたが、結局バウンスでおしまいでした。^^
Commented by ygo at 2008-07-30 09:26 x
あの露出不足のファイルからこの現場写真作るなって流石ですねぇ
暗くて写らないから、あきらめたのに、、

かなり慌てふためいて(冷汗)だったのは
違う「シチュエーション」のせいだけで無く
「モデルルーム撮影」後半の出来事を
引きずっていたのだと思いますよ(#^.^#)

アレはそばにいたボクも、冷汗(大汗)で、、
処理が終わる朝まで眠れませんでしたから。
デジタルってこわいですねぇ~
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:30
Con-Natureさん、こんにちは!
すんません、なんか記録記事になっちゃって…(汗)
「オペラ」ですか!(@@)
ちょっと観た経験がないので(汗)、よく分かりませんが
舞台照明…という事ならなんとなく分かる気がします。^^

ぷ!可愛いですか?ボクの「おちり」(^m^)

ごめんなさい!「More」…色変えました。<(_ _)>
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:30
tatsuyaさん、こんにちは!
ありがとうございます!
まさに、そんな感じなのですが、ボク的には「漏れている」といった感じなんです。

すみません!つまんない記録記事みたくなってしまいましたね!(汗)
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:30
pentallicaさん、こんにちは!
「テーブルフォト」は「物撮り」の基本です。
遊びながら撮ってくださいっ!^^
一番簡単な方法は日が入る窓際です。
薄曇りや、すりガラス越しの光なら最高ですが、
レースのカーテンなどでディフューズ(柔らかく)すればOK!
自然光、お部屋の蛍光灯など、ライト位置は
被写体の「半逆光」〜「サイド光」にして、その反対側に
「白い紙」などをレフ代わりに立てたり、置いたりすればキレイに撮れますよ!
がんばって「遊んで」みてくださいね〜っ!!(^^)v
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:30
casta6cさん、こんにちは!
やっぱり、光は…大事ですね〜。
すんませんっ!!「More」…色変えました。<(_ _)>
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:31
samさん、こんにちは!
この皺は…「霧吹き」で水を掛けてます!
で、一旦背中を丸めてもらってから、ゆっくりと背中を「伸ばして」いくと
こんな感じになります。^^

samさんも人物撮影がんばってね〜!
屋外の場合は、まずは「半逆光」+「レフ(もしくはストロボ)」から試してみてっ!^^
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:33
草さん、こんにちは!
ごめんなさい!なんか記録記事みたいになっちゃって…。
でも、ライティングがものすごく大事なコトが伝わったのなら
うれしいです。
そうなんです!「光」がなければ「写真」は撮れませんからねっ!(撮る方法もありますが…爆)
そして、生きるもの全てにとっても大事なものですしね!^^

ははは、なんか器の小さい「背中」(実際小柄です…汗)ですね…(恥)

あ、草さんも押しちゃいましたか…『More』…ごめんなさいね!
先程、色を変えました…今更ですが。<(_ _)>
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:33
ichi-someさん、こんにちは!
ありがと〜!!^^
バウンスって「傘バン」じゃなくて「壁(天井)バウンス」にしたの?

かなり昔ですが、ロケで日陰で撮影するとき「クリップオンストロボ」の光を弱めるのに
コンビニで「白いビニール傘(透明じゃなくて乳白色)」を買って
傘越しにディフューズして撮った経験があります。(爆)
Commented by asdpc at 2008-07-30 11:33
ygoさん、こんにちは!
うお〜!!!!!!!!!!
Goiちゃん、初コメありがとうございますっ!!

いえいえ、素材(写真)がいいからですよ!
特に「メイクさん」や「スタッフ」の足元の影…カッコイイ〜!!
ウチに帰ってから「この写真」を見つけた時、思わず叫んじゃいましたからっ!(^^)

やっぱ「アレ」のせいかな〜!
うん、きっとそうですね〜ほんっと大汗でしたから…爆
Commented by at 2008-07-30 12:42 x
また来ました〜
AKIさん、色を変えても…あの太字では…皆さん押してしまいますよ〜(笑)
↑の!!!!!!!!!!に大笑い!
Commented by asdpc at 2008-07-30 13:17
草さ〜ん…文字…細く…しました…。(爆)

「↑の!!!!!!!!!!に大笑い!」…やっぱり?(^o^)
Commented by ichi-some at 2008-07-30 15:55
はい、天井です。^^;  (ヘッドスパのシーン)
天井が白(っぽ)かったので安易にそうしてみました。 ^^;
用意した傘は、まさにそれですが、その時の目的はディフーザーとしてどうかなと思ったのですが、影が出るとのお話も聞いたもので・・・

傘バンですか・・・またしてもメモメモです。
それにしても、探すと無いんですね~白無地の傘。

Commented by asdpc at 2008-07-30 17:05
ichi-someさん、こんにちは!
やはり、写真用の「アンブレラ」がベストかと…
クランプとスタンドを購入すれば「クリップオンストロボ」を取り付けて使用できますし…。

あと…「白」についてですが
よく「レフ」代わりに「白ケント紙」を使いますが、これも厳密に言うと厄介な代物です。
一口に「白紙」と言っても「やや黄色っぽい」紙や「やや青っぽい」紙など多種にわたります。
「青っぽい」ものには大抵「蛍光材」が含まれていたりしますので
「色温度」が高くなり反射光が「青く」なったりします…まさに「ケント紙」はこの部類。
ボクは写真用品店で売っている「背景紙」の白を、シチレンボードに貼って使ったりしてます。
まぁこれはレタッチで「手間」を掛ければ補正することも可能ですが…。
Commented by at 2008-07-30 18:53 x
撮影現場、、、行ったことはありませんが
ボクはこのモノヅクリの熱気が大好きなのです。
昔、演劇をちょっとやってたことがあって、そのときの感じに似てるんじゃないかなーと。
そして、試行錯誤した結果を「カタチ」にする。
色々ご苦労はおありでしょうが、いい仕事だと思います!
ボクの場合は、手術はちょっと似てますよ、数時間で「カタチ」がわかるところや
その間はわきめもふらずにそれだけに没頭できるところがです^^
Commented by photogarage at 2008-07-30 19:16
AKIさん こんばんは!
背中の皺の陰影がカッコイイです!
こういう現場雰囲気を見せていただいて、ありがとうございます^^

興味深く読ましていただきました。
改めて写真は光(ライティング)が重要なこと、意識しました。
室内やテーブルフォトをまったくしない(これも問題ありですね、笑)人間なので、
外では何も考えず撮っていましたが、ほんとこれではマズイと思いました(^^ゞ

Commented by m_ymdman at 2008-07-30 19:26
初めまして、AKIさん。
髪ロングなんですね~後ろ姿格好いいです!^^
このお写真プロのお仕事ですね。
シャツの陰影がとても格好いいです。^^
ライティングは、とても奥が深そうですね。
貴重なお話ありがとうございます。^5
Commented by hokkaido-tairiku at 2008-07-30 21:42
う~ん、やっぱり写真は光と影・・・
ライティングってスタジオ撮影ではまさに「命」なんですね。
カメラマンによってライティングの仕方も変わるんでしょうね。
ほんとに奥の深い世界ですね^^
ぽち♪
Commented by eldora_dora at 2008-07-30 21:48
現場のお話。。。  未知な世界なので、分からないコトありますが、参考になる事もありました!!
そうですねーー  生ぬるい英会話でしょうか(爆

冗談はさておき、こんな話をブログで伝えていただける・・ってアマにとって非常にありがたい事です。。。
感謝!!
Commented by asdpc at 2008-07-30 22:44
淳さん、こんばんは!
演劇をやってらしたのですね!
多分、けっこう近い感覚かもしれませんっ!^^
みんなで寄ってたかって「カタチ」を創り上げるという意味では…ね。
手術で「カタチ」って…ちょっとドキドキしちゃいました。(汗)
Commented by asdpc at 2008-07-30 22:44
photogarageさん、こんばんは!
この背中の皺は「水」をかけて造ったものなんですよ〜。^^
いいんですよ!それで…「なにも」考えなくったって
「光」はちゃんと「そこ」にあるんですから。
photogarageさんの写真には、ちゃんと写ってるじゃないですかっ!
素敵な「光」が…ねっ!(^^)
Commented by asdpc at 2008-07-30 22:44
m_ymdmanさん、こんばんは!
ははは、そう言えば何度かちょくちょく登場しちゃっていますが
全身の「抜き」は初めてですね!はじめましてっ!!(^^)
髪はですね…今年の初めに切ってしまったのですが
実は、その前は「4年間」伸ばしていました。
肩甲骨くらいまでありました。(もちろん束ねていましたが…汗)

この皺の陰影は「水」をかけるという小技を使っていますっ!^^
小難しい記事になってしまいましたが読んでいただいて感謝ですっ!
Commented by asdpc at 2008-07-30 22:44
tairikuさん、こんばんは!
そうですね…ロケと違い「スタジオ」では「ゼロ」から創らなければなりませんからね…。
反面、やりたいコトができる…とも言えますがっ!(^^)
だからボクはスタジオが大スキなんですっ!!
カメラマンによって…というコトもありますが…その「時代」や「流行」によって「変わる」と言うこともあります。
やっぱり、奥が深いですね…(汗)

ぽち♪ありがとうございます。
Commented by asdpc at 2008-07-30 22:45
eldora_doraさん、こんばんは!
参考にしていただけましたかっ!?ヨカッタ。^^
すみません!慢性的なネタ切れ状態なので、たまに「仕事ネタ」で
ごまかしたりしてます…。(大汗)
Commented by T-T.N at 2008-07-30 23:13 x
こんばんは!^^
今回のエントリ(だけでなく、「仕事ネタ」はいつも)、
とんでもなく
とてつもなく
かぎりなく
参考になります!! 有難うございます!!

ぜ~~~ツたい、真似します!!(爆)
9月なかごろあたりに。
(でもクリップオンで、ですけれど)

それにしても、左手の指先の極細のエッジの綺麗なこと!
髪のつや、照り、エッジも!
 (下手のソフトボックスはいいとして、上手のグリッドを何で作らうかなあ?)
服の皺の霧吹き、これは目からウロコものです!
 (しかし、背景の黒布、いいのを用意しないとなかなか真つ黒にならないし)
とはいへ、「4台4灯」だと個人の趣味では追ひ着きませんね(笑)。
 (アートレ+トレペの代りに東京都推奨ごみ回収袋を重ねて使ふもアリ? 苦笑)

あ、サービスライトなら、私、いつも点けてをります。(^^ゞ
Commented by asdpc at 2008-07-30 23:25
T-T.Nさん、こんばんは!
実は…この撮影がお知らせしていた撮影なんです。
スタッフのスケジュールが合わず、一週間延期になってしまったんです。
グリッドでなくても、T-T.Nさんの自家製「スヌート」でも大丈夫だと…。
「黒布」はモデルさんとの距離をとる事でも黒くできますよ。
つまりストロボ光が届かなければイイわけですから。

東京都推奨ごみ回収袋…ばっちりですね!コンビニ袋より数段上ですっ!(^^)
Commented by jamagin at 2008-07-30 23:37
シャツが主役みたいに存在感ありますね。
光を吸う褶曲に技がみえます!!!
Commented by T-T.N at 2008-07-31 00:15 x
こんばんは(2度目!)。
「この撮影」でしたか!(^O^)
(会社サボ……有給とればよかつた)

さうですね、あの段ボール・スヌートでもOKかと♪
(でもハサミでちよきちよきとミニ・グリッドも作つてしまふと思ひます。^^)

「黒布」……、この前の撮影のときに、距離がとれなくて……(泣)。

しかし、プロの仕事とはいへ、6時間でスタジオ内外全6パターンはきついでせうね。
横で見物してゐたら邪魔だつたかも知れません(笑)。
Commented by asdpc at 2008-07-31 00:28
jamaginさん、こんばんは!
ありがとうございますっ!
その「光を吸う褶曲…」というお言葉にメロメロなボクです。(^^)
Commented by asdpc at 2008-07-31 00:29
T-T.Nさん、こんばんは!
そうなんです!コレだったのです!(^^)

え?見物?とんでもないっ!!
バリバリお手伝いしていただいたと思いますよっ!(笑)
Commented by T-T.N at 2008-07-31 00:54 x
え?お手伝ひ?
なほさら行けば良かつた!(笑)
Commented by asdpc at 2008-07-31 14:02
T-T.Nさん、こんにちは!
ははは。じゃあいずれまたお声をかけさせていただきますね〜!^^