day's photo.

惜別の想い…

目黒川…1本の「サクラ」の樹に心を射抜かれてしまった。

散り際を見誤ったのだろか?
それとも、短い生命の時間を未だ謳歌しきれず、そこに留まっているのか?
「散り際が肝心」と言う言葉はサクラの散り行く様の潔さ、美しさから生まれたコトバ…
でも、ボクは…例え「悪あがき」と言われようが、限りある命を限りなく謳歌しようとしているかのような、その「サクラ」の花を
その時、確かに「なによりも美しい」と感じていた。

間もなく訪れるであろう終焉の時…「惜別の想い」を込め、ボクはシャッターを切った。
e0117517_200481.jpg


【後書】
ファインダーを覗く時「どう見せよう…」「どうやったら伝わるか…」と、いつもボクなりに考えているつもり…。
でも、ごく稀にそんなボクの「姑息な思惑」が頭の中から消えて無くなってしまう瞬間があります。
そう「被写体」とボクとの間に存在する「カメラ」自体が無くなってしまう…そんな感じの瞬間が。
被写体が「特に美しい!」とか「物凄いタイミング!」とか…そう言ったコトとは全く違う感触なのです…
胸の奥の方に「グサっ」と入り込んでくる、そんな「場面」に出くわした時、視覚以外の感覚が静かに消え失せていくのを感じます。
大抵の場合…その「場面」は「どうってコトない景色」の場合が多いのだけど(て言うかほとんど…汗)
でも案外「それ」がボク自身が一番「伝えたい!見てもらいたい!」そう思っている「場面」なのかも…。



Nikon D3 + SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.1.3.1
Fine tuning : Adobe Photoshop CS3 Ver.10.0.1
and...〈works photo.〉Last Update : Thu, 22 Apr 2008

 よろしければ…ポチッとしていただけるとウレシイです。
by asdpc | 2008-04-26 17:44 | 桜 - SAKURA -