day's photo.

その名は…

フランス シャンパーニュ地方
中心都市として栄える「ランス」にそびえる、ゴシック様式の粋を極めた【ノートルダム大聖堂】。
かつて、この壮麗な大聖堂で行われていた歴代フランス王の戴冠式の式典のミサでは、必ずこの土地のワインが使われていました。
しかし、そのワインは冷涼な気候が災いし、発酵が上手く行かず「泡立つワイン」となってしまう…という問題を抱えていたのです。

17世紀、王の寵愛を受けようと、一人の「盲目」の修道士が立ち上がります。
盲目であるがゆえに「味覚」に秀でた彼は、数種類の「葡萄」を混ぜることで良質なワインがつくれることを発見しました。
しかし、泡立つ「ガス」の問題は依然として解決できていませんでした。
発酵時にワインが発するこのガスは、その圧力でビンをも破裂させてしまっていたのです。

そこに、ひとつの奇跡が起こります…
産業革命がガスの圧力に耐えうる強度の強い「ガラス」をもたらしたのです。
ここに、最も高貴なワインのひとつ、泡立つワイン【シャンパン】が誕生しました。


そして、その奇跡の実現に立ち上がった「盲目の修道士」の名は、シャンパンの最高峰として刻まれています。これからも永遠に…

その名は…【ドン・ペリニョン】
e0117517_9244124.jpg
FUJIFILM FinePix S3Pro+SIGMA 50 mm MACRO
developed : FUJIFILM HS-V3 Ver.1.1b
Fine tuning : Adobe Photoshop CS3 Ver.10.0.1





実は「から瓶」です。(笑)
昨年、お世話になっている会社の創立記念パーティーでご馳走になったのですが、その際に「から瓶」を頂いて来ちゃいました!^^

でも、けっこう役に立っています!

その三週間後に、こんな写真を撮りました!
e0117517_18513748.jpg
「この写真」は、これまたお世話になっている制作会社の忘年会でいただいた【社名の入ったオリジナルビール】を撮った写真です!

二日酔いで頭がガンガンしてましたが、翌日が『X'mas』だったので頑張って撮りました。
一番苦労したのは「ポインセチア」…。
クリスマス当日の為、近所の花屋さんにもほとんど在庫がなく、車で1時間近く彷徨い
やっと見つけた「ポインセチア」も色がイマイチでした…。
まぁこんだけ「ぼかして」撮るなら関係ない気もしますが。

年が明けて、この制作会社の社名が変更となってしまったので「ビール」は未だ飲まずに保管しています。


追記…2007.12.09 AM2:30:10 ------------------------------------------------

え〜っ!!「賞味期限2007.6」…呑んどきゃ良かった。(泣)
by asdpc | 2007-12-09 00:00 | photo