day's photo.

記憶を辿り…

2007年6月17日に
心に留めた写真の連作として

そして何より

尊敬してやまない
或る写真家へのオマージュとして…
e0117517_4252385.jpg
いちおうコレもボク的には「BLUE」な写真…です。

SIGMA SD14 + SIGMA 17-70mm MACRO

【追記】
言葉足らずでスミマセン!
これは「もみじ」ではなく『モミジバフウ』の落葉です!
我家の周りの街路樹は、ほとんどが「モミジバフウ」です。

…『モミジバフウ(紅葉楓)』は「マンサク科・フウ属」の落葉高木である。
別名…アメリカフウ
渡来…大正時代
原産…北アメリカ中南部、中央アメリカ。
樹皮…褐色を帯びる。若枝は、コルク質の綾がある。
葉…掌状で光沢があり、紅葉する。
花…4月、雄花、雌花が別々に頭状花序をつける。
果実…集合果。
用途…街路樹

フウ属

フウ属は葉の形からモミジバフウ(5~7裂)とサンカクバフウ(3裂)があるとすれば、分かりやすい。
前者はアメリカフウ(北米・中南米原産)、後者は単にフウ(中国・台湾原産)、タイワンフウとも呼ばれる。
ともに日本で街路樹・公園木などとして普通に植栽され、秋の紅葉が特に美しい。
又、フウは「楓」と書かれカエデ科と混同されやすいが、フウ属の雌の花序が球形で垂れ下がるので区別できる。

以上、「Wikipedia」調べ…でした。

付記、大きさは大人の男性が手を広げたくらいの大きさです。
けっこうデカイ…です。
by asdpc | 2007-11-20 04:28 | photo | Comments(18)
Commented by sam at 2007-11-20 08:15 x
おはようございます。おじゃまします。
実は何度もサイトを拝見しております。というかお気に入りにいれています。写真がとても魅力的で。。。加工技術も参考になります!!
何よりもAKIさんの写真の「色」が好きです。
今回の写真はアスファルトですね。BLUEです、確かに!小学生のコロ、テストでアスファルトは何色かで私は青とかいて×をされた記憶があります。先生は酷い(笑)そんな思い出がふとよみがえりました。
いつも素敵な写真をありがとうございます。
Commented by irohamiti at 2007-11-20 08:54
BLUEと言えば寒さも感じますけど…AKIさんにとっては
気温、体温のブルース…寒そうに見せかけて、実はあたたかい…。
わたしはその掛け合いに…刺されます^^

でも、この返った紅…寒々としたBLUEに妙な色気を感じます。
Commented by s_photograph at 2007-11-20 11:48
こんにちは♪
この紅葉、とても印象的・・・
AKIさんの写真は、どんなものを撮っても芸術作品になるんですね。^^
今日も、色がとても素敵だなぁと思います。

↓スタジオ!ここでお仕事されるんですね。
拝見できて嬉しいです。^^
へぇ~こんな風なんやぁ・・・と、隅々まで見回してしまいました。^^;
ここから、沢山の作品が生まれているんですね。
Commented by asdpc at 2007-11-20 15:42
samさん、こんにちは!
ご訪問いただき、とてもウレシク思っています。
「色」を気に入っていただいて、ほんと素直にうれしいです。^^
「アスファルト」の色についてお書きいただいたので
ちょっと「色」の話を…
「アスファルト」の色…つまり「グレー」という色は
実はすべての「色」、とりわけ「デジタル写真」に関して
もっとも重要な基本となる「色」なのです。
この件について語ると膨大な文章になってしまいますので
ちょーかいつまんで書きます。
例えば西日の時間帯に日向と日陰のある場所で
道路の路面を見てみてください。
おそらく日向の路面は「赤(黄)と言った暖色系に」
日陰の部分は「青などの寒色系」に見えると思います。
これは光の温度(色温度と言います。気温とは関係ありません)の影響です。
色温度が高いとブルー系、低いと赤っぽくモノは見えます。
この色温度を調整してニュートラルグレーを導き出すのが
デジカメに搭載されている「ホワイトバランス」機能です。
フィルムカメラにはこの機能がないかわりに
「デーライトフィルム」「タングステンフィルム」があります。

つづく…
Commented by asdpc at 2007-11-20 15:49
続き…

「デーライトフィルム」は太陽が真上にある時の色温度に合わせて作られているので
色温度の高い日陰で撮ると「青っぽく」色温度の低い夕陽をとるとさらに「赤っぽく」撮れます。
ちなみにデジタルでこのフィルムの特性を再現するには
ホワイトバランス設定を「オート」ではなく「太陽光」に設定します。
言い忘れました!青い光ほど色温度は高く、赤い光ほど色温度は低くなります。

この太陽光のような環境に影響する光を「環境光」と呼びます。
これは太陽に限ったことではなく家庭の室内光にも言えます。

例えばお風呂やダイニングでつかわれる白色蛍光灯は「黄色っぽく」
リビングなどの昼白色、昼光色蛍光灯は「白(青)っぽく」見えます。
つまりこのような各家庭特有の環境光下でモニターの色や雑誌のカラーページを見ても
環境によってバラバラな見え方をしてしまいます。

消費者が雑誌を見る環境がそれぞれ違うのはしょうがない事ですが
その雑誌(写真)を制作する側の環境がこうではどうにもなりません!

さらにつづく…(汗)
Commented by asdpc at 2007-11-20 15:52
そして続き…

ボクのブログで何度か書いていますが、ボクがPCで作業している部屋は
「遮光カーテン」を引いています。そして室内光は印刷業会基準の
「高演色性蛍光灯」を使用し、モニターを測色器で色調整し
尚かつモニター後ろの壁もニュートラルグレーの紙を貼っています。
もちろん、モニターの「壁紙」もグレー一色(そうでないと壁紙の色に引っ張られて写真の正確な色が見れないため)です。

デジタル写真を『生業とする者』がまずしなければならないコト…
それはPhotoshopの技術を習得することではなく
まず「環境光」と「モニターの測色」…なのです。

話は大きくずれてしまいました!!
samさん、おそらくその先生は「ネズミ色!!」と答えて欲しかったのでしょうね。
それは日本の教育のもっともお粗末な部分とボクは思います。
個人の感性を尊重してくれていないような気がします。

samさん、未熟者のボクが言うことではありませんが
ボクが先生だったなら…
samさん!花マルあげますっ!!

はじめてコメントいただいたのに、この「重い」返信…申し訳ありません!
また寄ってくださいね!!

完。
Commented by asdpc at 2007-11-20 15:55
いろはみちさん、こんにちは!
ウフフ…そうですか…。
ワザと紅を残してみました。
うれしいですヨ!その感覚。
Commented by asdpc at 2007-11-20 15:58
satomiさん、こんにちは!
このスタジオを使うのは主に「人物撮影」の時です!
「物撮り」の場合は大抵「商品」が送られてきて、自宅で撮影…
というパターンです。
だから余計に、広々としたスタジオが大すきなのですっ!!!
Commented by AoimikanM at 2007-11-20 19:00
こんばんは。静寂の時、拝見しましたよ!
待ち時間は案外仕事を離れた事をしているの解ります^^
私もそうですね、、、。今日は何食べようかな〜?とか考えてます。
何故でしょうね?脳はしっかりと仕事仲間との討論やアイデアでいっぱいなのに、、。不思議です。

今日のモミジバフウはアドレナリンが出っぱなしの現場からちょっと現実逃避して静かなで肌寒いけれど気持ちの良い空気が感じられますね。

*ねね
Commented by nike_nike79 at 2007-11-20 22:45
こんばんは。お久しぶりです。
・・・って、しばらくお邪魔していないうちに、
素敵な写真がたっ~くさんアップされていて、しばらく見とれていました。
たくさんの「青」。たとえ他の色が入ってもやっぱり印象は「青」なのが不思議です。
特に13日の2枚目の写真が好きです。
こっくりとした青が今の季節の青って感じですね。

Commented by tatsuya_kitao at 2007-11-20 23:40
こんばんは。6月17日の写真も合わせて見させて頂きました。
正直、「衝撃!」でした。
「アスファルト上の落ち葉で作品がつくれるんだあ」
ぼくも落ち葉は好きでよく狙いますが、アスファルトの上は思いもつきませんでした。
感性と技術あってのことでしょうが、改めて、自分の視野の狭さを思い知らされました。(写真に禁じ手はない、先入観を持たず感性に素直にがモットーなのに・・・)
これからは、下向いて歩きます。(人やものにぶつからないように気をつけないといけませんね(笑))
Commented by sam at 2007-11-21 00:17 x
ありがとうございます!!こんな丁寧にレスしてもらえるなんて光栄です。
勉強になります。webと印刷関係の両方の仕事をしているのですが。。色というのは難しいですよね。だからこそおもしろいのですが☆
うーん、日々勉強していかなければ!またお邪魔しにきます。
Commented by naturaltone at 2007-11-21 00:47
AKIさん、こんばんは。
またまたAKIさん独特のブルーのお写真、去り行く秋を感じさせる一枚ですね^^
モミジバフウ、こちらでも街路樹でよく見かけます^^
他の木々よりも少し早い時期に色付き始めて、そして真っ赤に染まる大きな葉がとても魅力的ですね^^
それからホワイトバランス、モニターやお部屋の光や色のお話、とてもとても勉強になりました。
(とはいっても眠くてなかなか頭に入って来なくて・・最近夜が弱くなっちゃってもうかなり眠いです^^)
ホワイトバランスは肉眼で見た目の色に近づけたいのですが、現像時に微調整してもなかなか思うように
ならないことがあって、いつか写真を撮る際に光を読み取って適正な色温度で撮れたらと思います
それから壁紙までもグレーで統一されているなんて、プロの世界、何もかもが驚くことばかりです。
モニターやプリンタのプロファイル設定なども・・写真の世界は本当に難しいです^^
Commented by asdpc at 2007-11-21 23:10
ねねさん、こんばんは!
古い日記もご覧いただき、ありがとうございます。
そうそう!その通り!
…で、仕事に上手くハマって乗ってる時ほど
客観的に上から見ている
もう一人の自分みたいな「奴」がいて
「こいつ」がいろいろと面白いコトやらかしてくれるんですよ!
多分キツキツの気持ちで仕事に望んでる最中は
待ち時間もやっぱりキツキツだったりしちゃうし。
Commented by asdpc at 2007-11-21 23:27
nikeさん、こんばんは!
そうなんですよ〜
なんかやっぱり、どうしても
写真の中に「BLIE」を入れたくなってしまうんですよ〜
性格が暗いワケでは決してないのですが…たぶん。
Commented by asdpc at 2007-11-21 23:27
tatsuyaさん、こんばんは!
気をつけて歩いてくださいね!(笑)
でも、ほんと、たまには足下にある「小さく美しい営み」に
目を向けるコトもイイことかな〜と思います。

Commented by asdpc at 2007-11-21 23:27
samさん、こんばんは!
うっとおしい返事になって、ほんと申し訳ありません!
そうですか!samさんはwebと印刷関係の両方の仕事をしているのですね!
まさに「釈迦に説法」でした!(謝)
これからもビシビシとご意見をいただけたらウレシイです!
Commented by asdpc at 2007-11-21 23:27
YUKIさん、こんばんは!
モミジバフウ…そう言えば「11月4日」の写真も「モミジバフウ」でした!
おっと!プロファイルの言葉が出ましたね!!!
よーし!今度長〜いコメントしちゃおうかな〜(笑)
まず第一弾は「PCで見た通りにプリント出力する方法(仮題)」ですかね?やっぱり。
それとももっと写真的に「なぜ夕焼けは赤いのか(赤く見えるのか)」かな?