day's photo.

ローライ帰還!

当初の予定より三日早く、本日ローライが退院して来ました!\(^o^)/

e0117517_0104123.jpg
フィルムカウンターが戻らない…というトラブルが発生したことを機にオーバーホールを!と思ったのですが、蓋を開けてみたら結構深刻な状況だったようで、難しい手術…もとい!メンテナンスになってしまいました!今回、メンテナンスを行っていただいたのは、前回テイクレンズの研磨をお願いした山崎光学写真レンズ研究所の山崎さんからご紹介いただいたウメハラカメラサービスの所長である梅原 晃さんです!
おそらく30年以上ノーメンテナンスと思われるボクのローライですが、そんな厄介な依頼を快く引受けていただいた梅原所長さんから途中経過のお電話をいただいたのは先週末…。電話越しの優しいお声とは裏腹にボクに伝えられたのは、なんとも厳しい内容でした。(T^T)
「開けてみましたが、部品のサビと腐食が深刻な状態です。むしろこのままのほうが…」そこまで話した段階で梅原所長はボクのタダならぬ心境を察知されたようで「このローライには特別な思い入れがお有りなのでしょうか?」と優しく続けてくれました。山崎さんの時と同様にボクはローライがボクの元にやって来た所以(コレコレコレ…^^;)を一通りかいつまんででお話しさせていただいたが、ボクの話しを「うん、うん、」と小さく相槌を打ちながら聞いてくださった梅原所長は一拍の間の後、優しくも力強いお声で「そうゆう事なら、やらない訳にはいきませんね!やりましょう!」と…。もうボクには、山崎さんの時と同様に「ありがとうございます!。゚゚(>ヘ<)゚゚。」と言う以外に言葉がありませんでした。結局ボクのローライは部品交換という出費の大きい処置を回避させつつも極力サビと腐食の除去を行なう…という厄介な処置を受けることとなりました。

そして!そして!
その大手術に耐え切って、ローライは見事に復活してくれました!幸い、どうしても交換が必要だった部品もフィルムガイドのローラーが1本のみ!と、梅原所長の繊細な技術を思う存分発揮していただいた最高の結果となりました!

これまで二人の匠の手を渡り歩いたボクのローライですが、今回…三人目の匠により、新たな命を吹き込まれて戻ってきました。
今日は時間が無くテスト撮影までには至りませんでしたが、各可動部分のなんとスムーズな事!!(@@;) クランクは軽くスムーズだし低速シャッターの粘りもまったく無い!!O(≧∇≦)O 今まで「こんなもの」と思い、何の不満も無かったローライでしたが…その変貌振りには正直驚いてしまいました!


それにしても…






最高の、そして絶対的な技術を持った方は皆さん何故あんなにも穏やかで大きな人間力を持っているのだろう。きっとそれは、弛まぬ努力はけっして自分を裏切らないとゆう、揺るぎない自信に繋がる事を知っているからなのでしょう…。
e0117517_0111362.jpg
梅原所長…本当にお世話になりました!この場をお借りして御礼申し上げます。

で…

次回はRICOHFLEXのシャッター調整をお願いしま…(。_°☆\(- - ) バシっ!

冗談はさておき(^^;)、三人の匠の手を経たボクのローライ…今後ますます気合い入れて撮らなきゃ!です。O(>ヘ<)O




皆さんの中でクラッシックカメラや舶来カメラでお困りの方…是非一度!梅原さんに相談してみてください!
ウメハラカメラサービス
〒112-0007東京都文京区小石川1-6-1 春日スカイハイツ902 ☎03-3814-1934




Nikon D3 + SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
RICOH GRD II
developed : Adobe Photoshop Lightroom Ver.3.2・Camera RAW 6.2 - 64bit

Web Photo Gallery* Last Update : Thu, 19 Aug 2010
works photo.* Last Update : Tue, 13 Jul 2010


■ SHIBUYA・SENDAI □

collaboration with riko

by asdpc | 2010-12-22 23:59 | お知らせ