day's photo.

熱帯夜に…

夏の暑い夜…
寝苦しさに辟易としていたボクは、体にまとわりつく鬱陶しさを紛らわせる為に、購入からずっと放ったらかしていた「学研フレックス」の組み立てを始めたのでした。¥2,500のほぼトイカメラですが、それでもカメラはカメラ!僅かながらの緊張感を感じつつ、これまた購入から間もない以前のモノより度の強い老眼鏡をしっかりとかけ、ボクは作業に入ったのでした。樹脂製ということもありネジ止めには一層の注意をして進めた作業は40分ほどで完了…。あっけなさを感じながらもカメラを組上げた!という充実感に包まれていました。が!しか〜し!!本当の戦いはこれからだったのです!組み立て最中から「これ…ヤバくないか?」と気になっていたのが…フォーカシングスクリーンのチープさ。(T^T) まぁ¥2,500のカメラですから贅沢を言ってもしょうがないのですが…しぼ加工を施されたペラペラの塩ビ(?)シートだったのです!案の定…組上げた後、フードを持ち上げ覗き込んだそのフォーカシングスクリーンは近接なら「まだ何とか…」なのですが、ちょっと離れた遠景はボクにはほとんどピントの判断は不可能でした!(ToT) ああ…せっかく作ったのに…イヤ!なんとかしなければ!!と考えていた真夏の深夜…何処からとも無く悪魔の囁きが…

悪魔「D3買った時、スクリーンを方眼に交換したじゃないか…標準装備品が残ってるだろう…。(^m^)」
ボク「あ!そうだった!!O(≧∇≦)O」

すぐさまD3の元箱から標準のB型クリアマットスクリーンを取り出し、学研フレックスのフードを分解!ペラペラのスクリーンを外し当てがってみました!

ボク「おお!!!!!!!!!見える!!くっきり見える!!」「でもサイズがちょっと合わない…」
悪魔「そんじゃあ、削っちゃえばぁ〜」
ボク「よし!やるかぁ〜!!」「ん?…ちょっと待って…」
悪魔「…」
ボク「¥2,500のカメラに¥4,200のスクリーン付けてどうすんだぁ〜!!」

寸前のところで正気に戻ったボクは深夜と言う事もあり、この問題の解決を翌日にと決め、就寝したのでした。それにしても…危ないとこだった…。(滝汗)

そして…翌日
仕事の画像処理中も頭の中はフォーカシングスクリーンの事でいっぱい。(^^;) ジャンクカメラを買ってきて取り替えるか…等々考えながらも、どれも時間が掛かるなぁ〜と悶々としていたその時、そうか!ルーペ付ければ少しはマシか!と、普段ローライ使ってる人間とは思えないくらい間抜けな解決策にやっと行き着いたのでした。(恥) 幸い、ロケ撮影時に使用するために購入した液晶確認用の「折りたたみ式のルーペ」がありました!長年使い、布のフード部分が破け今では全く使っていないモノだったので、レンズ部分を取り外し学研フレックスのフードの上に置いてみました!(↓)
e0117517_15201120.jpg
おお!!こんなに大きく見えるじゃないかぁ〜っ!O(≧∇≦)O

ああ…でも、これだけ大きくなるなら、やはりもっとキレイに見えるようにしたい…と、またまた悪魔の囁きが…。(^^;) おっと、危ない危ない。(滝汗)
と言う事で、まずはこのルーペを取り付ける事にしましたが、面倒な加工はやめにして厚紙をルーペにパーマセルで固定しカメラのフードに輪ゴムで止める…これで構図決めの時はフード側に起こしておけるようになりました…とても貧乏臭い輪ゴム加工は↓ご覧の通りです。(^^;)

e0117517_15122495.jpge0117517_15124154.jpg

そして、もう一点!フィルムの圧着板も取り付けました!本には「小誌 表紙のような、表面がなめらかで厚過ぎないものがよい」と書いてありますが、ボク的に本を切るのがイヤだったので何か代わりになるものを探していたところ…使い切った¥3,000分のiTuneプリペイドカードを見つけ、それを指定のサイズに切り、切断面でフィルムが傷付かないように目の細かい磨りガラスで出来たヤスリで削り裏蓋に貼付けました!そんなこんなで撮影前に出来る事はこれくらい…と自分を納得させ、ある早朝…そう!「裏原 ROLLEI VIEW」を撮ったあの日!こっそり試し撮りして来ました〜っ!(^m^)


で、その結果は…






(T^T)

e0117517_15514955.jpge0117517_1552287.jpge0117517_15521553.jpg
e0117517_15525032.jpge0117517_1553289.jpge0117517_15531592.jpg

あんなに頑張ったのに…
ピントはほとんど後ピン。しかもよく見るとピント位置が一枚の写真の中でまばらに存在している…これは非点収差の影響か?でも!後ピンや前ピンならビューレンズとテイクレンズのギヤの組み合わせで修正できる!そして、学研フレックスがTOYながらも多くの方を魅了する要因のひとつが、そんな調整が手軽に出来ると言う事なのではないかとボクは思います。明日は、この「裏原〜渋谷駅周辺」のカットの後、自宅付近で撮影した写真をアップするつもりですが、次に学研フレックスに詰めるフィルムではレンズのギヤの組み合わせを変えながら撮影し、ピント位置を探って行こうと思っています。昔…駆け出しの頃、本番撮影より遥かに時間を費やしたフィルムテストに比べたら、そんなテスト撮影…なんの手間も感じません。(たぶん…^^;)

と、言う事で…

長々とお付き合いいただき、ありがとうございましたっ!<(__)>



GAKKENFLEX f11/50mm・ 1/150sec
(specは公称されていませんので…。^^;)
produced by GAKKEN

New addition!!Web Photo Gallery* Last Update : Wed, 28 Jul 2010・・・ it's new !
and...【 works photo. 】Last Update : Tue, 13 Jul 2010


■ SHIBUYA・SENDAI □

collaboration with riko

by asdpc | 2010-08-09 19:20 | トイカメラ